米国の学校は、5月から6月にかけてが学年度の終了の時期となり、そのあとは長い夏休みがやってくることもあって、生徒たちがそわそわ、わくわくする季節でもあります。

しかし、そんな生徒の気持ちを踏みにじるような出来事が米テキサス州の中学校であり、物議を醸しています。

同州ヒューストン近郊にある、チャンネルビューという市のアンソニー・アグアイア中学校では先日、7年生を受け持つ教師らが生徒に"授賞式"を行いました。そして、生徒の一人、ライゼス・ヴィラヌエヴァさん(13歳)がもらった賞は、なんと「将来一番テロリストになりそうで賞」


ライゼスさんによると、「授賞式はあくまでジョークだから」と説明を受けたそうですが、一部の生徒や他の教師が笑い転げている間、ショックでその場にいるのがいたたまれなくなったそうです。
さらに、賞を手渡した女性教師は生徒たちに「ここにいる何人かは、気分を害するかもしれないけど、そんなのどうでもいい」と言い放ち、他にも「グアテマラでホームレスになっているで賞」や「白人とも仲良くやれるで賞」(受け取ったのは黒人の生徒)などが渡されたと言います。


学校から帰ってきたライゼスさんからその証書を見せられた母親は、信じられない内容に「思わず二度見した」そうで、先日、英マンチェスターでコンサート会場が爆破されるというテロ事件があったばかりなのに、あまりにも心無いと憤慨。学校側に連絡を取ると、すぐに校長とその学区の責任者から謝罪を受けたとのことですが、問題の教師らがどのような処分を受けるのかまでは説明されなかったと伝えられています。


この話題は多くのメディアで取り上げられ、女性教師のデリカシーの無さ、そして処分の内容を曖昧にしたままの学校側の対応にも多くの批判が集まっている状況です。